SNS
facebookアイコン twitterアイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ
WordPressで「もしもドロップシッピング」サイト立ち上げてみた。売上はまだない
自宅で使える家庭用NASの候補と「Synology Ds115j」購入後の使用レビューとおすすめ理由
ブログ記事の外注サービスについて14個まとめ[比較]

  1. トップページ >
  2. ブログ運営 >
  3. NIZ キーボードATOM66のキーキャップの記録

NIZ キーボードATOM66のキーキャップの記録

最終更新日:2020/04/30
NiZ ATOM66 キーキャップ交換のその後について

NIZのATOM66を購入してから1年ほど経過しました。いまも変わらず愛用のキーボードとなっています。2年間の間に他のキーボードを(メカニカルキーボード)を試してみたこともありましたが、ATOM66にとって変わるということはありませんでした。


ただ、見た目については過去の記事でも紹介していますが、NIZのキーボードは静電容量無接点方式のキーボードでありながら、Cherry軸のキーキャップとの互換があり、キーキャップを取り外して交換することが出来るので見た目を簡単に変更することができる特徴があります。

過去記事
NIZ ATOM66 2018年秋側面刻印限定版のキーキャップを交換してみた

見た目のカスタマイズについては、いま現在も定期的に変更しながら使っています。どうしても見た目に飽きてきてしまうことがあったり、気分転換に変えてみようかなという感じです。

個人的な記録になりますが、あのときはどんな見た目になっていたのか残していこうと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

キーボードの見た目カスタマイズの記録




NIZのATOM66を1年間とちょっと愛用していますが、キーキャップ交換を頻繁に行っていますが、どんな見た目だったのかを記録に残しておこうと思います。今後は細かく写真に残していこうと思っていますが、思ったより写真に残せていないことに気づきました。


ATOM66側面刻印限定版の見た目

購入した当初に箱から出した際に、思わず白いなーと思ったのが記憶に残っています。側面刻印なので上から、反対側から見たときに無刻印に見えるのが気に入っていました。白い!という感じで嫌いではありませんが、色を加えてくなります。




234-2.jpg

次の段階として、カラフルなキーをいくつか加えました。NIZのキーボードは正直、高級感があるとは言えないので、かわいい感じにする方が良いのかなと考えたのを覚えています。いくつかカラフルなキーをいくつか追加することで白いキーにカラーが映えますね。




実際にはこの後も、ちょくちょく変えていたのですが、写真を撮っておらず、、、、カラーキーを配置した部分を青系でキーで統一させたり、黒系で統一させたりしたような気がします。今後は交換したら写真取るようにしたいですね。



234-3.jpg

次に試してみたのが、キーキャップの形状がSAと呼ばれるもので、背の高いキーキャップに交換してみました。GrabBagと呼ばれるキーキャップの詰め合わせ福袋のようなものを購入してみたら、同じ種類のキーばっかりで個人的にはハズレを引いた気持ちになった時に大量にあったSAキーキャップを装着した写真です。微妙にキーが足りなかったので、同じキーを複数箇所で使ったりしてたりします。見た目は落ち着いた感じになっています。

キーキャップを交換するのは、見た目のためだけと思っていましたが、形状が違うキーを試すことで打鍵感が結構変わってきます。また、いろいろと調べてみるとキーキャップにも高級なものがあることも、このころ知りました。交換用のキーキャップのセットだけで、1万、2万するものもあるんですよね。新しいキーボード買える、、、、でも打鍵感とか良いんだろうなー。試してみたいなーという感じで沼にハマっていく感じがわかります。

このころは、キーボードには満足していたのでキーキャップばっかり気になっていた時期です。




234-4.jpg

そして、現在ですがSAキーキャップ良いなーってなり、文字部分のみSAの青キーキャップセットを購入してしまいました。ATOM66のキーキャップは一部特殊なサイズがあるため、全部を青いSAキーに変更することが出来なかったので、部分的に色を変えていったら最終的にこんな感じになってしまいました。残念ながら、ほぼ真っ青になった状態は写真に残していませんでした。
青いキーは無刻印に見えますが、バックライトがあれば、文字が見えるようになっています。よく見れば薄く文字が見えるのですが、これはこれで無刻印ぽくて気に入っています。


234-5.jpg

キーキャップを色々とチェックしてきましたが、未だにATOM66のスペースキー(4.75u)に出会えていません。なので、スペースキーは必ず白になってしまいます。塗装するなんて方法もあるみたいですが、白に戻すのが大変そうなので手を出せていません。よくある配列のキーボードであれば、統一感のあるキーキャップセットを購入してキーキャップ一式を交換することも出来ますが、ATOM66はそれが、出来ないのが残念なところかもしれません。


また、写真には赤いケーブルがありますが、これもわざわざキーボード用のケーブルとして購入してしましました。海外のかっこいいキーボード写真を色々と見ているとよく登場してくるシルバーのメタルコネクタ付きのケーブルです。正確な名称はわからないのですが、シルバーのメタルコネクタ部分が取り外し可能になっています。これはストレートケーブルですが、コイル状になっているものもあります。あれかっこいいなーって感じです。

いまのキーボード自体には満足していますが、キーキャップやケーブルといったキーボード周辺の沼にハマっている感じかもしれません。

NIZ Atom66 タイピング音(打鍵音)をYOUTUBEにアップしてみた


打鍵音の動画をYOUTUBEにアップしてみました。


キーキャップの購入先について


最近では日本国内でも自作キーボード、e-sportsなどの流行の影響もありキーキャップを購入できるところが増えてきています。メルカリ、ヤフオクなどでも数多くの出品があり購入することができるようになっています。

自作キーボード、ゲーミングデバイスなど流行っており、専門のネットショップも登場しています。
遊舎工房 | 自作キーボード&レーザーカット&UVプリント
ゆかりキーボードファクトリー – KEYBOARDS SHOP
ふもっふのお店

種類が豊富で安い、個人購入が可能な中国のサイトから購入
AliExpress
Banggood

中国から個人輸入するのが種類も豊富で価格も安いです。ただ、注文してから届くまでに時間がかかったり、クレジットカードの情報などを知られるのが不安といったことがあるかもしれません。




いまの状態だと、外に持ち出して使うには少し勇気がいる感じになっているので、今後は見た目を落ち着いた感じで持ち出し用のキードードもほしいなー、自作キーボード方面にも手を出してしまうかもしれません。

最近では半田付け不要なホットスワップなんてものがあるらしいではありませんか、配列選び、スイッチ選び、キーキャップ選びと興味をそそられてしまいます。



最後にATOM66のキーキャップを交換すると、割り当てられているショートカットキーを忘れてしまうことがあります。頻繁に使う組合せのキーであれば忘れませんが、たまにしか使わないようなものはどうしても忘れてしまいます。電源をいれたままカバンに入れて移動してしまい、次に使おうと思ったら、Winキーロック状態になって解除のキーの組合せがわからない、、、、、説明書を探して解除なんてことが何回もありました。

NIZ ATOM66 簡易説明書 簡易マニュアル
Atom66 説明書


Atom66 説明書



ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



ブログ運営の関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア