SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ
WordPressで「もしもドロップシッピング」サイト立ち上げてみた。売上はまだない
自宅で使える家庭用NASの候補と「Synology Ds115j」購入後の使用レビューとおすすめ理由
ブログ記事の外注サービスについて14個まとめ[比較]

はじめてのお掃除ロボット ILIFE V3s Pro を購入してみた(1ヶ月使用レビュー)

最終更新日:2018/01/31
WordPress4.8.2のエラーが4.8.2jaに更新したら解決

お掃除ロボットとしてば、ルンバが有名ですが一番安いものでも3万円以上はします。はじめてのお掃除ロボットとしては悩んでしまうような価格です。高機能なものを探せば、スマホから操作できたり、掃除する範囲を指定できたり、センサーを置いて調整したりできるようですが、はじめての購入でそんな高級なものを購入するのは迷ってしまいます。

ずっと、お掃除ロボットがあればいつも綺麗なお家にできるかなとはじめてお掃除ロボットを購入してみました。実際に1ヶ月間使ってみた感想をまとめてみます。結論から言えば、我が家には低価格なものでも十分でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ILIFE V3s Proについて




ILIFE V3s Pro ロボット掃除機 ペット毛に強い 丸型 自動充電静音&強力吸引落下防止と衝突防止 ホワイト本体

特徴としては
・自動充電に対応
・予約掃除
・落下防止と衝突防止
・連続稼働時間120分
・1万円台で購入が可能

現在、Amazonのみで販売されています。カテゴリ ロボット型クリーナーでベストセラー1位となっている人気商品です。レビューの評価も高く価格も安かったのが購入の決め手でしょうか。

224-1.jpg

付属品について


充電台、電源プラグ、フィルター(予備)、クリーニングツール、サイドブラシ(予備)、リモコン、取扱説明書

224-10.jpg

外観・サイズ感について


缶コーヒーと一緒に並べるとこんな感じです。
224-7.jpg

224-8.jpg

224-13-1.jpg

ソファーの下にも潜ってお掃除してくれます。ダイニングテーブルの椅子の間も入っていきますが、うまい具合に間を通らないと入っていかないので、運次第という感じです。また、運良く中に入っていった場合でも中々外に出てこれなくなってしまいます。なので、掃除する際にダイニングテーブルの下も掃除したい場合は椅子を別の場所に移動しています。

音はうるさいの?


正直、爆音ではありませんが音は結構します。人によって感じ方は違いますが私の場合は、他の人がいるときには動かさない方が良いかなと感じています。1人の時だったり、出かける前に動かしています。テレビを見ながら動かす場合は、必ずテレビのボリュームはアップしてしまいます。

ちゃんと綺麗になるの?


これは期待以上に吸引力があるようで、ダストボックスがすぐにほこりいっぱいになってしまいます。パッと見た感じでは綺麗な床ですが、ほこりはあるんですねー。

224-6.jpg

ダストボックスについて



ダストボックスの手入れも簡単で取り外してたまったゴミを捨てるだけです。

224-11.jpg

PUSHと書かれている付近を押すと、フタが開きます。

224-2.jpg

フタが開くと、中にダストボックスがあるので、取り外してたまったゴミを捨てるだけです。

224-3.jpg

ダストボックスがはめ込んであるので、取っ手を上にひっぱると外れます。

224-4.jpg

ダストボックスのサイズはそれほど、大きくありませんが十分なサイズです。



224-5.jpg

障害物や段差は避けてくれるの?


前面にセンサーがついているようで、トップスピードでぶつかることはありません。軽くコツんという感じであたります。家具が傷つくくらいの勢いではなく、本当に軽く触れるくらいです。

段差についても、玄関フロア付近で使うこともありますが、今のところ段差から落ちたことはありません。センサーが段差を感知して先に進まないように反応してくれています。

自動的に戻ってくれるの?


コンセントが近くに必要になるので、充電台の置き場所は限られるかもしれませんが充電台もそれほど大きくないので、置き場所もとりません。いまのところ、自動的に戻っています。途中で力尽きたことはありません。

224-14.jpg

充電している様子です。
224-15.jpg

バッテリーが切れそうになると自動的に充電台に戻るようになっています。また、付属のリモコンのボタンで掃除を終了して充電台に戻るホームボタンもあります。

戻る際の動きとしてゆっくりになり、とろとろと充電台を探すような動きをします。基本動きはランダムなため、充電台からのセンサーの直線状等に移動しないと戻ってくれないようです。

そのため、見ていて一生懸命、お家を探している感じで愛らしくはありますが、そのうち我慢できなくなってしまい本体を持ち上げて充電台に移動させてしまうことも正直あります。

きっちり自動で充電台を戻すには充電台を置く場所にも注意が必要かもしれません。ランダム走行になるため、掃除範囲の端っこに充電台を置いていたのでは中々お家を見つけることが出来ないのでできるだけ中心で前を通過する可能性がある場所に配置した方が良さそうです。

基本はランダム走行ですが、付属のリココンで左右進む方向を変更できます。そのため、掃除してほしい場所、方向に向かってある程度は進めることも可能です。

回転ブラシに髪の毛が絡まる


224-12.jpg

我が家の場合は、髪の毛が長い人間が何人かいるため、結構な抜け毛が床に落ちていることが多いです。お掃除ロボットを動かせば綺麗に掃除はしてくれますが、2箇所についている回転ブラシに長い髪の毛が絡まってしまうことが多いようです。まだ、髪の毛が絡まって回転しなくなったということはありませんが、定期的に裏返して回転ブラシを見てみると長い髪の毛が絡まっているようです。

今のところ、絡まっているのに気づいたらハサミなどで切ったりして取り除いています。ほっておいたら、ブラシがまわらなくなるかは心配なところですかね。

バッテリー交換が気になる


バッテリーの寿命が2年間と記載されていますが、その後に交換ができるのかわからないので不安かもしれません。サイト等を確認したところ明確なバッテリー交換についての情報は掲載されていませんでしたが、お問い合わせくださいと記載ありました。問合せをすると、方法等について案内があるようです。実際に問合せはしていないので、詳細はわかりません。

お掃除ロボットを買ってどうだったか


お掃除する際の走行については完全にランダムといった感じです。そのため、掃除されない場所も出てきますが、そこはランダムの回数を重ねていけばそのうち掃除してくれるよねといった感じです。

リモコンの操作で端っこを走行させる。決めたポイントを集中的に掃除する。左右に動かすといった操作はできますが、掃除機の状況を見ながらリモコン操作する必要があります。そのため、基本的にはランダム走行でまかせています。部屋の広さにもよりますが、数十分走り続けたら、綺麗にはなりますよ。

224-16.jpg

何より良いなと思うのが、他のことをしながら掃除機をかけることが出来るといった点ではないでしょうか。タイマー機能などありますが、掃除する前に足元を綺麗にしてやる必要があるので使っていません。(使えていません)いつも足元キレイで掃除機OKの状態であれば、タイマー非常に便利だと思います。

少しずつですが、床にものを置くクセがなくなっています。お掃除ロボットで定期的に掃除するようになってから、床にものを置かないように意識するようになります。

掃除したい部屋の足元を片付けたあと、お掃除ロボットを動かしてちょっと買い物に出かけたり、他の作業を同時にできることが一番のメリットだと感じています。

そこそこの性能があり、低価格で入手できるお掃除ロボットでおためし的にも良い商品かと思います。自分の家の間取りだとお掃除ロボットが使えるかどうかわからない。

我が家の場合は、フローリングが多い間取りのため、今回購入したILIFE V3s Proはドンピシャのお掃除ロボットでした。カーペットなどが多い場合は向いていないかもしれません。1つ上のカーペットに対応した商品を検討した方が良いです。今回は、お試しで購入しましたが、十分満足しています。

お掃除ロボットを検討している方は参考にしてみてください。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



便利ツールの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア