SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ
WordPressで「もしもドロップシッピング」サイト立ち上げてみた。売上はまだない
自宅で使える家庭用NASの候補と「Synology Ds115j」購入後の使用レビューとおすすめ理由
ブログ記事の外注サービスについて14個まとめ[比較]

Thinkpad 13 Chromebook (Core i3)をセカイモンではじめて個人輸入

タグ : Thinkpad13
最終更新日:2017/10/20
chromebookの買い替え 個人輸入 Thinkpad 13 Chromebook

随分前の記事になりますが、
話題のChromebook[Acer C720]を購入してみた
という記事を書きました。それ以降、なんどかchromebookネタを記事に書いてきています。

今回は久々のchromebookに関する記事を書くこととなります。実はしばらく愛用してきたchromebook Acerc720ですが、ついに買い替えしちゃいました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

chromebookの買い替えを考えるようになった理由


222-5.jpg

AcerC720を使ってきましたが、購入から数年経過したこともあり、買い替えを検討するようになりました。

スペック的には他のcheomebookを使ったことがないので比較もできませんが、処理速度等でC720で特に不満はありませんでしたすごく気に入っているデバイスです。購入したよという記事を遡ってみると2014年12月に書いているので、2年8ヶ月程経過しているためハード的に劣化してしまい使い勝手が悪くなってきたという感じです。

安価なchromebookとなるため耐久性はもともと期待してはいませんでしたので、こんなものかなといったところです。当時、楽天のセールに合わせてポイントを差し引いて、2万6千円くらいで購入したので普段の使い方から考えると十分にもとはとってくれたと思います。

さて、現在のC720の状況はというと
222-6.jpg

キーボードの↓キーが外れてしまっています、、、、
実はある時キーが外れてしまったのではめ込もうとぐっと押し込んだときのポキっと一部折れてしまっってはまらなくなってしまいました。その後接着剤でなんとかならないものか試行錯誤した結果、現在の状況にいたっています。

他にもタッチパッドの反応がかなり悪くなっています。写真ではわかりにくいですが、スペースキーの下、タッチパッドの上付近が盛り上がってきています。クリック操作などの反応がよくありません、クリックが効かないというのは思いのほかストレスがたまります。普通はカチッと音がしますが、場所によっては音が鈍くうまく反応してくれません。

chromebook買い替え機種の選定について


買い替えにあたって候補の機種をいくつかピックアップしてみました。はじめて購入した2014年12月以降、chromebookが気に入っており、時々chromebookに関する情報(最新機種など)についてチェックしてはいましたが、日本国内では、いまいち盛り上がりにかけるといった感じです。

田舎に住んでいるということもありますが、chromebookを使っている人に会ったことがありません・・・・

とはいえ、数年が経過しているので、各社からいくつか新機種は発売されていました。

c720はモニターサイズが11.6型、重量1.2kgととても軽いということはありませんが、持ち運びには適しているサイズです。自分の使い方を改めて振り返ってみると、田舎なんだし、移動は基本的には車になります。持ち運ぶにしても大きいサイズでも良いかもというのが1つ、自宅のデスクトップ機(windows)は、デュアルモニターで解像度が1920×1080の環境です。外出先からリモートデスクトップを利用する頻度も多いのですが、その際にchromebookと解像度が異なるため、作業画面内の移動が面倒でした。そのため、解像度1920×1080のフルHDに対応しているものがほしくなりました。他にも使い方としては、文字入力する機会も多いので、キーボードも少しサイズ的には大きい方が入力しやすいなといった感じです。

モニターサイズが、11.6型より大きくてとなると複数候補はありましたが、フルHD対応となるとさらに機種が絞られてきます。日本で発売されている機種はほとんどありませんでした。

chromebookにいくらまで出せるかな?自問自答するようになってしまいました。

下記は購入を検討していた時点での機種ピックアップとなります。この記事を書いている現時点では、いくつか新機種の情報が他にもでているようです。

気になったモデルを書き出してみると
HP Chromebook 13 G1
ASUS Chromebook Flip C302CA
Sumsung Choromebook plus
Chromebook Pixcel
Lenovo Thinkpad 13

国内で手に入れるのが難しそうな機種ばかりになってしまいました。

【参考にさせて頂いたブログ】
おふぃすかぶ.jp chromebook

Chrome速報

上記のブログなど新機種のレビュー記事など参考にさせていただきました。


日本未発売のLenovo Thinkpad13 chromebookがほしい


自分の使い方などをよく考えて最終的には、Lenovo Thinkpad13 chromebookがほしいという結論にいたりました。この機種は調べたところ、大きく3パターンスペックがあるようです。発売自体は2016年のモデルとなり、少し古いモデルになります。

・Celeron 3855U 1.6GHz、13.3インチ TNパネル Anti-Glare HD(1366 x 768)、メモリ4GB、ストレージ16GB

・Corei3 2.3Ghz、Full HD(1,920×1,080)のIPSパネル、メモリ4GB、ストレージ16GB

・Corei5、Full HD(1,920×1,080)のIPSパネル、メモリ8GB、ストレージ16GB

大きくわけると上記の3つとなります、細かくいうとタッチスクリーンに対応、非対応などあるようですがタッチで使うことはあまりなさそうな気がするのでどちらでもという感じです。

この時点では、どのスペックにするか決めれていませんでした。一番下のスペックでもc720を利用してきた経験でスペック的には全く問題ないことはわかっていました。ただし、購入にあたっての条件の中にモニタがフルHDに対応しているという部分では満たしていないので、corei3、corei5か迷っていました。

セカイモンではじめての個人輸入にチャレンジしてみた


222-1.png

セカイモン
「セカイモン」は、世界最大級のインターネットオークションサイトeBay(イーベイ)の日本向けサービスです。eBayに出品されている商品をヤフオクのように簡単に購入することができます。英語が苦手な人でも安心して個人輸入ができるサービスです。セカイモンが変わりに購入、配送の手続きを行ってくれますので、日本国内のネットショップで買い物をしているのと同じ感覚で買い物ができる安心感があります。

実際に購入したのはLenovo ThinkPad 13 Chromebook Corei3、フルHD、メモリ4GB、ストレージ16GB、 の日本で販売されていないモデルです。海外から個人輸入する必要がありますが、せっかくなので今回初めて個人輸入に挑戦してみました。もう1つ上のCorei5モデルと悩みましたが、最終的には予算的に難しいという結論にいたりました。corei3モデルでも十分chromebookにはハイスペックだとは思います。ミドルクラスという感じでしょうかね。


まずは、実際にほしい商品があるかセカイモンのサイトでチェックしてみると
222-2.png

キーワード「Thinkpad13 chromebook」で検索してみると、思っていたよりも出品があったので、ますます購入意欲が高まりそのまま、会員登録まで済ませてしまいました。

会員登録も英語は必要ありません。日本のネットショップ等への会員登録と同じです。メールアドレス、届け先の住所、支払い方法(クレジットカード情報)を登録していくだけで完了です。

商品ページから欲しい商品を選択して購入手続きをする必要がありますが、商品情報などは英語表記になるため、ここだけ英語で確認する必要があります。今回購入したchromebookは、スペック違いがいくつかあったので、ここは慎重になりました・・・。

この記事を書いている現時点で再度検索してたところ、core i3 モデルはいくつか出品がありましたが、値段が高いものしか見つけることができませんでした。すごくタイミングが良かった可能性もあるかもしれません。。。

購入したのはLenovo Thinkpad 13 Chromebook Core i3


購入手続き後は、マイページから購入状況の確認ができます。
222-3.png

この時点では、国際送料、関税などはわからない状況です。日本国内に物が入ってきた段階でわかります。国際送料については、親切なことに今までの事例でいくらだったという情報が掲載されているので、購入するアイテムに応じておよその金額は把握することができます。


配送状況の確認
222-4.png

配送状況の詳細
222-5.png

配送状況についても、詳細が確認できるようになっているので、いまセカイモンの倉庫から日本に向けて発送された、日本国内に届いたなど把握することができるのは、ちゃんと届くのか不安にならずに待つことができました。


【利用して良かった点】
英語を全く使う必要がない。購入する商品が掲載されいているページを確認するのに英語の記述が少しあったくらいです。今回購入したのはパソコンなのでスペックなどの情報は英語表記でもあまりきになりませんでした。実際にセカイモンに会員登録して支払い方法(クレジットカード)、届け先の住所などを登録しましたが、すべて日本語の情報を入力していっただけです。日本のネットショップへの会員登録と変わりません。

購入してから手元に届くまでの経過がわかりやすいかったです。配送状況やメールでの案内などちゃんと届くか不安にならずに待つことができました。

他には何かあったときの泣き寝入りしなくて済むかもしれません。今回購入するにあたって、私の場合は特にトラブルなく商品を手にすることができたのでわかりませんが、仮に不良品だったりした場合に返品等の手続きが必要になりますが、海外のショップとのやりとりは直接は必要ありません。セカイモンが間に入ってくれていますので、そういった面での安心感はあります。

【デメリット】
・セカイモンへの手数料が必要になるため、金額は手数料分高くなる
・ほしい商品がebayに出品されているとは限らない、適切な価格とは限らない



参考にしたサイト等にも記載がありましたが、転送サービスを利用するともう少し金額を抑えることができます。また、購入先の選択肢が増えるため、ほしい商品が見つからないということもないでしょう。また、日本への直送に対応しているショップもあるようです。

スピアネット
個人輸入・転送サービスなら、信頼、実績のスピアネット。アメリカから世界に配送が可能です。会員登録をして、転送拠点となる住所を教えてもらいます。

あとは、海外のサイトで普通に買い物をしますが、届け先住所を上記の転送拠点にします。
転送拠点に届いた荷物は、会員登録した際に登録した日本の住所宛に転送されて届けられます。


今回転送サービスを利用しなかったのは、セカイモンでほしい商品が見つかったことと、英語が苦手なということもありますが、英語が苦手にもかかわらずはじめて海外のサイトで買い物をするのって非常に不安でハードルが高いなとすごく感じたからです。たしかに割高になってしまいますが、不安なく買い物が出来るのであれば試しにセカイモンを利用してみようと考えたからです。

今回の購入にあたり実際にかかった費用


「商品購入金額」
商品総額 47,074円
セカイモン手数料 7,060円
米国内配送料 0円
米国内消費税 4,471円
総額 58,605円

日本に輸送されて税関を通った段階でメールにて国際送料、関税、消費税等の金額の案内がありました。商品の購入代金についてはクレジットカードで支払っていましたが、このメールにて案内のあった金額については代引きでの支払いとなります。

日本国内に入った段階でわかったのが下記金額
国際配送料 4,136円
関税 0円
消費税 2,100円

トータル 64,841円

海外からの直送対応商品を購入した経験があったり、転送サービスを利用したことがある人にとっては手数料分が高いよ。と思われるでしょうが、個人的に安心料として今回かかった手数料は気になりませんでした。今後、個人輸入する機会があれば転送サービスや直送対応のショップなどを探してみようとは思いますが、日本国内のネットショップで買い物をしたのと同じ感じで手元まで荷物が届くのは正直驚きました。

購入手続きをしてから手元に届くまでの日数は?


注文する商品によって違いますが、今回のchromebookの場合は

注文 → 物流倉庫 9日
物流倉庫 → 日本 4日
日本到着 → 自宅 2日

今回は、注文してから15日ほどで手元に商品が届けられました。

セカイモンが代理で購入する形になるため、購入してもらった商品はいったんセカイモンの物流倉庫に届けられます。物流倉庫で商品の検品後に会員登録で設定した住所(日本)に向けて配送されます。購入した時点ではわかりませんでしたが、セカイモンの物流倉庫はロサンゼルスにあるようなので、購入する商品がアメリカ内のどこから届けられるのかによって手元に届く日数はかなり変わってきます。私の場合も購入してから、物流倉庫に届くまでに9日もかかりました。


はじめての個人輸入 実機が無事に手元に届きました


222-1.jpg

やっと手元に届きました。

箱の中に入っていたのは、これだけです。非常にシンプルですね。
222-3.jpg

Thinkpadらしい、しっかりとしたキーボードです。トラックポイントがないので、Thinkpadじゃないという人もいるかもしれませんが、chromebookのトラックパッドは使い勝手が良いので個人的には気になりません。
222-4.jpg

今回、初めてchromebookの買い替えを行いました。chromebookの特徴でもありますが、面倒なデータ移行など不要です。いつも使っているアカウントを追加するだけで、いつもの環境が再現できるのはすごいですね。初めての英語キーボードということもあり、アカウント追加のときに@の位置がどこか探してしまいましたが・・・


Acerc720とThinkpad13を並べてみました。
222-7.jpg

Thinkpad13 chromebook corei3のOctane2.0のスコアは?


222-6.png
まずは、3年近く使い古したAcerc720のスコアです。1万は超えているようです。

222-7.png
続いて、今回購入したThinkapad13 chromebookのCore i3モデルでの測定値は2万超えでした。

他ブログ等のレビュー記事をチェックしてみたところ、Celeronモデル 14000、Core i5で3万超えなど見かけましたので、core i3モデルだと2万超えというのは妥当なところではないでしょうか。




私の場合は、まず今回、英語キーボードがはじめてなので、キーボードに慣れるところからです。初めて英語キーボードを使うときのあるあるかもしれませんが、Enterキーのサイズ、日本語・英語の切り替え、記号の位置の違いなどまだまだ慣れずにいる状況です。

しばらく、触ってみてレビューしてみたいと思います。USB type cのハブ、アクセサリ関連も色々とそろえたくなりますね。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebookの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア