SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ

ウッドデッキをDIY(ホームセンターで材料費2万円で製作)

最終更新日:2017/08/11
格子窓をDIYで作ってみた

しばらく間が空いてしまいましたが、久しぶりの記事更新です。
引越しをしてからというものDIYでいろいろと製作しています。結構楽しくて夢中になってたりします。

いままでは、どちらかというと家の中で使うものを中心に行ってきましたが、ついに家の外にも手を出し始めました。家の中だと、ちょっと失敗しても、見る人は限られるのである程度適当に出来ますが、外となるとご近所のの目もあるので、製作するにも気を使ってしまいますね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ウッドデッキをDIY 材料費は2万円


221-1.jpg

いきなりですが、上の写真が実際に作ったウッドデッキ風なものです。ウッドデッキの定義がよくわかっていませんが、自分の中ではウッドデッキです。製作時間は、土台の設置に半日、木材の加工(サンダー掛け、防腐剤の塗装、ビス止め)に半日といった感じで製作しました。全部一人でやったわけではなくサンダー掛け、塗装、ビス止めは子供達も手伝ってくれました。(あまり戦力になってたとは言えませんが・・・・)

まずは材料・作り方について調査


ネットでいろいろと調べてみるとウッドデッキの材料としては、ハードウッドと呼ばれる木材で作ると長持ちするとのこと、日差し、雨に濡れることを考えるとホームセンター等で購入できるソフトウッドと呼ばれるSPF材を使うとするとすぐに朽ちて腐ってしまうようです。SPF材を使ったウッドデッキであれば毎年メンテンナンスで塗料を塗るなどしても5,6年持てば良いくらいとかいう感じです。

最近であれば、木材もネットで購入する方が価格も安く、ホームセンターに比べて木材の選択肢も多いかもしれませんが、購入した木材を保管しておいたり、受取等が面倒だったので、とある休みの日に思い切ってホームセンターで材料を全部揃えて思い切って製作してみました。購入した材料はホームセンターでトラックを借りて持ち帰りましたが、コンクリートブロックとか運ぶの結構疲れた・・・

材料はさておき、いろいろと調べてみると土台作りが一番重要で、水平を出すのが難しいようで素人でも出来るのかと不安でした。いざやってみると水平を出すのが大変でウッドデッキの地面は砂利がひいてある状態だったので、100均の水平器を駆使してなんとか水平になるようにブロックしたの砂利の量を調整してみました。実際には後日の木材を設置していく際に土台の上に角材、床板を置いてみるとガタガタしてしまい、一部余っていた端材を間に挟んで水平にしてしまいました。

お金をかけてハードウッド等で10年以上長持ちさせるものを作ったほうが、メンテナンス等の手間、費用を考慮するとコストパフォーマンスは良いかもしれませんが、DIYでいろいろするのが楽しい感じなのでメンテナンスも含めて楽しみたいなと思います。

ウッドデッキ製作に参考にしたサイト


【予算5万円】広々おしゃれな本格ウッドデッキを簡単格安DIYする方法


DIYでウッドデッキを製作した方のブログを参考にしながら、必要な材料を購入するためにホームセンターで材料調達してきました。

・盆栽用の杉板 厚さ3.5cm、幅24cm 長さ 3m ☓ 8枚 @1400円 計11200円
 →ホームセンターですべて2.5mにカットしてもらいました
   カットして余った部分はウッドデッキのステップに使いました

・7.5cmx7.5cmの柱用の角材 3m ☓ 2本 @1300円 計2600円
 →ホームセンターでカットしてもらおうと思いましたが、カットできる厚み制限があるそうで、そのまま持ち帰ってノコギリでカットしました。1.5mが4本できるようにカット

ステンレス製のビス 500円
 →雨にぬれても錆びにくいステンレス製にしました

・コンクリートブロック(28個くらい) @130~200円 計 4100円
 土台部分の高さを調整するために、10cm幅を基本として、いくつか6cm幅も購入

・塗料(以前購入して残っていたもの)
 →外で使う木材の塗料としてはキシラデコールが有名なようですが、少し値段が高いので安めの塗料にしました。今思えば、ケチらずにすれば良かったかもと・・・・ 余っていた塗料使いたかったので仕方ない

・基礎パッキン × 12個 @150円くらい 1800円
 使ったものが基礎パッキンという名前なのか、わかりませんがコンクリートブロックと角材の間に設置します。

構造・サイズ・製作過程について


参考サイトの土台の作り方を参考にしながら、手間・費用をかけずになるべくしっかりとした土台を作成する方法を検討してみた結果、2.5m x 1.6m(ステップ除く)くらいのサイズのデッキを製作することにしました。サイズとしてはあまり大きくありませんが、我が家には十分なサイズです。

写真は撮り忘れてしまいましたが、ホームセンターで購入してきた木材をカットしたり、サンダーをかけたりしました。この作業が地味に大変です。盆栽用の杉板は、買ってきた状態だと表面はささくれがあったりしたので、荒い目、細い目と2段階でサンダーで表面をキレイにしました。その後、防腐塗料を塗りましたが、表面だけでなく隠れてしまう裏側や角材にもしっかり防腐塗料を塗りました。表面については、定期的にメンテナンスで塗料濡れますが、隠れてしまう裏側、角材などはなかなかメンテナンスできないので塗料を2度塗りしましたが、どこまで効果があるかわかりません。

今回のDIYにも役立ったのがこいつです。サンダーがけ、ビス止めの時に使いました。
ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER) マルチツール プラス 18V EVO183P1

ブラック&デッカーのマルチツール写真のように用途に応じて「電動ドリル」「インパクトドライバ」「丸ノコ」「サンダー」と4つの工具に切り替えることが出来るようになっています。後から、先端の付け替え可能なパーツだけを買い足せばその他の工具としても利用することができます。



DIY初心者な自分には、ぴったりの電動工具でした。購入して良かったなと思います。



土台部分にはホームセンターで購入したコンクリートブロックを2個重ねた状態にしました。ブロック同士の間隔ももう少し広げても大丈夫だったかもしれませんが、最近太り気味なこともあり間隔を狭めにしています。

221-4.jpg

配置したコンクリートブロックの上に角材を並べます。コンクリートブロックと角材の間にはパッキンを置いています。これは、コンクリートと木材を直接接触しないようにするためです。雨や湿気などで木材が腐るのを少しでも防げるかなと思いホームセンターで見つけたので購入しました。1個 200円くらいだったと記憶しています。
221-3.jpg


並べた角材と垂直になるよう盆栽板(杉板)を配置してビスで固定していきます。板同士の隙間は余っていた5mの足場板をスペーサー代わりに使いました。ただし、実際には良さそうな板を選んだつもりでしたが、ホームセンターに置いてあった板なので数にも限りがあり、反りがあったり微妙に曲がっていたりとして隙間が一定に出来ませんでしたが、まぁ、あまり細かいことは気にせずに固定していきました。

まずは、板を並べてみて完成イメージを掴みます。
221-7.jpg
小学校1年の娘は、電動工具を片手にビス止めやる気です。大丈夫かなと思いながらもやりたがったので、最初は一緒に持ってやりながらやり方を教えると、その後は数cmビスを打ち込んだところで交代を繰り返していく感じになりました。結構様になっています。

実際にビス止めしているところです。右側に見切れているのは下の子で興味はないようで、寝転がってスマホで動画をみているところ・・・
221-9.jpg

ビス止めの作業自体は、それほど時間もかからず、すぐに終わりました。
221-8.jpg
あっという間に最後の板まできました。

221-5.jpg

やっとメインのデッキ部分が完成しました。手前のコンクリートブロック部分は、カットして余った杉板を使ってステップ部分にしました。

221-2.jpg

デッキのステップ部分はとりあえずは板を載せただけの状態で様子を見て固定しようかなと思います。土台部分にコンクリートブロックを使っているのが、丸見えで少しかっこ悪いのが気になりますが、板を貼ろうかとも思いましたが、風通しが悪くなりそうなのでそのままにしています。手前に鉢植とか置いて隠すなどする予定です。

ウッドデッキにサンシェードを設置


221-6.jpg

その後、サンシェードを設置してみました。日よけと雨除けも一緒に出来ないかなと探して見た結果、下記のサンシェードを購入して設置してみました。



楽天で購入したのですが、レビュー等の評価も良いし、多少の雨除けにもなるようだったので試しに1つ購入してみました。もう一回り大きいサイズでも良かったかなと今は思います。実際に日除けはもちろんのこと雨除けにもなります。設置したサイズが小さいのでデッキ全体を隠すことは出来てないので、雨が降るとデッキの半分くらいは雨に濡れてしまうのが現状です。

希望としては、ハードウッドを使っていないウッドデッキなので長持ちさせるためには屋根を設置して雨を防ぐのが一番良いのかなとは思いますが、屋根をDIYで設置する自信がまだありません・・・・

手前から見るとコンクリートブロックが丸見えなのでもう少しかっこよくしたいなとか、フェンスを設置したいとか、バーゴラを設置するのも良いかもとか、柱建ててポリカなどで屋根設置すれば、雨防げるかなとか色々とやりたいなとは思うのですが、その辺りは色々調べたり準備していくことにします。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebook 売れ筋ランキング

Powered by amaprop.net

DIYの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア