SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ

10,000円以下の自宅用のシュレッダーおすすめ4つと購入レビュー

1万円以下で購入可能な自宅向けのシュレッダーおすすめ4点

自宅に届く郵便物や資料など個人情報が掲載されているものは、どうやって処分していますか?

個人情報を隠すようなスタンプなど使ってさらにハサミなどで細かく切っていましたが、しっかり隠そうとおもったら何度もスタンプを押す必要があったり、よく見ると薄く透けて文字が見えたりしていました。

作業が非常に手間だったので自宅用のシュレッダーが欲しくなり、なるべくお安く、コンパクトなサイズなものを探してみました。最終的に絞り込んだ4つと実際に購入したものを紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク


10,000円以下の自宅用のシュレッダー購入候補を絞ってみた


自宅用ということで1万円以下で購入出来そうな、サイズもコンパクトなものを個人的に気になったシュレッダーをピックアップしてみました。この中から購入するものを決めたいと思います。手動でハンドルを回して細断するような商品もありましたが、今回は電動で細断してくれる商品に絞っています。



ナカバヤシ 2ウェイパーソナルシュレッダ CD・DVD ホワイト NSE-T06W

コンパクトでもパワフルなナカバヤシのシュレッダーで机の上にもおけるサイズです。CD/DVDを3分割で3×18mmクロスカット、電動式だかららくらく細断可能です。 引き出しタイプでゴミ捨ても簡単です。

仕様
細断形状:紙/クロスカット3×18mm、CD/3分割カット
投入幅:紙/220mm、CD・カード/122mm
定格電圧・周波数:100V・50/60Hz
定格消費電力:22W(50/60Hz)
最大細断枚数:紙/2枚(A4上質紙64g/m2)、CD・カード/1枚、郵便はがき/1枚(約0.2mm)
定格細断速度:1.45m/分(50/60Hz)
定格時間:約5分(休止時間約30分)
運転音:約60dB/無負荷時
ダストボックス容量:紙/約3.6リットル、CD・カード/約0.6リットル
電源コード長さ:約1.6m
本体寸法:W300×D144×H201mm
重量:約2.9Kg






コクヨ 超静音 デスクサイドシュレッダー 最大裁断5枚 ホワイト AMKPS-X80W

コクヨのシュレッダーです。ロック付き投入口シャッター搭載で本体はリビングに置いても邪魔にならないコンパクトな設計になっています。カラーバリエーションは5色(スノーホワイト、アッシュラテ、スプラウトグリーン、ナイトブラック、ビターブラウン)でインテリア家電のように小さくシンプルなデザインです。リビング・ダイニング・書斎に置いていても違和感がありません。

仕様
メンテナンスシート1枚入り特典付き
寸法:170×330×306mm
質量:4.7kg
最大裁断枚数: (A4コピー用紙)約5枚
細断寸法: 4×40mm
細断速度: 約2.3m/分
消費電力: 70W
待機電力: 2.0W
裁断方式: クロスタイプ
投入幅: 220mm
ゴミ箱容量: 8L
作動音: 約53dB
連続使用時間: 約10分








アイリスオーヤマ シュレッダー P5GC ホワイト/ブラック

アイリスオーヤマのシュレッダーです。スタイリッシュなツートンカラーの3色展開(クールグレー/ブラック、ベージュ/ブラック、ホワイト/ブラック)で横幅が約17cmと軽量なので、デスク下などにもスッキリ配置することができます。連続細断可能時間が約3分なのがちょっと気になるかなという感じです。

仕様
重量:約3kg
電源:AC100V(50/60Hz)
定格消費電力:155W
投入幅:紙投入部220mm
投入厚:紙投入部2.5mm
投入厚部から刃先までの距離:27mm
定格細断枚数:A4コピー用紙5枚
安全装置:サーマルプロテクター、ダストボックススイッチ、温度ヒューズ
細断サイズ:約5×37mm
細断速度:約3.0m/分
主要材質:ABS樹脂、ポリプロピレン、スチロール樹脂、スチール
定格時間:3分(連続で使える時間)
コードの長さ:約1.4m
ダストボックス容量:8.9L
紙認識センサー:スイッチ式
商品サイズ(cm):幅約32.1x奥行約16.9x高さ約35









MONICA クロスカットシュレッダー CB590X ブラック

モニカのシュレッダーで25×4mmの細かいクロスカットができるシュレッダーです。A4サイズのコピー用紙なら5枚同時に細断可能。CD/DVDもガンガン細断できます。

紙を入れると自動的に細断を開始する自動モードを採用されており、紙詰まりの際に便利な逆回転機能も搭載されています。処理が難しいCDやDVD・クレジットカードも、細断できます。 CDやカード類は専用のダストボックスに分別廃棄されます。

コンパクトサイズでキャスター付き。 デスクの足元に置いて、引き出して使うことができます。前後に取っ手がありますので、持ち運びも容易です。



実際に購入したのは「コクヨのAMKPS-X80S(ビターブラウン)」


候補を4つに絞りましたが、実際に購入したのはコクヨのシュレッダーです。色は迷いましたが、茶色にしました。写真では黒に見えますが、茶色です。

コクヨ 超静音 デスクサイドシュレッダー 最大裁断5枚 ブラウン AMKPS-X80S
210-1.jpg

紙の投入口は閉まった状態
210-2.jpg

投入口を開けるには、ロックボタンを押しながらスライドさせる必要があります。
210-7.jpg

小さいお子さんがいる場合などは、ぜひともほしいロック機能ではないでしょうかね。これも購入する際の決め手の1つになりました。小さい子供が投入口に指を入れて怪我するということは、ロックがない他の商品でもないような作りになっているものが多いとは思いますが、大事な資料をシュレッダーに投入されてしまうというのを防ぐことも出来て安心です。

投入口を開いた状態
210-3.jpg


電源ボタン付近
210-4.jpg

動かすためのボタンは、いたって普通のシュレッダーです。「停止」停止させる、「細断」紙を投入すると細断されます、「逆転」紙が詰まった時などに逆方向への動きをさせることが出来ます。

210-5.jpg

細断した紙を捨てるには、手前にスライドさせて開くことができます。後は、中身をゴミ箱に捨てるだけですね。シュレッダー自体がコンパクトなサイズなので、すぐにいっぱいになってしまうかもしれませんが、毎回使ったらゴミ箱に捨ておくようにすれば気になりません。

実際に細断した紙の状況
210-6.jpg

実際に紙を細断してみました。切れた状態のサイズとしては、写真の通りです。もっと細かく細断してほしいという方もいるかもしれませんが、個人的には充分なサイズに細断されているのでと家庭用としては十分ですね。よく見れば文字を読むことも出来ますが、本当に気になる紙は文字が書かれている方向と垂直に細断すると良いかもしれません。

CD/DVD、クレジットカードなどの細断は出来ませんが、個人的には紙のみでOKだったので問題ありません。

細断時の音についても静かな方ですし、連続稼働も10分と他商品と比較しても長くロック機能で安心安全なので購入して良かったです。業務用にとはおすすめできませんが、家庭用・パーソナル用としてはおすすめなシュレッダーです。ぜひ、参考にしてみてください。



ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebook 売れ筋ランキング

Powered by amaprop.net

便利ツールの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア