SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ

WordPressではてな風のブログカードでリンクをかっこよく表示して回遊率アップ

タグ :
ブログ内のリンク切れを自動的にチェックしてくれるWordPressプラグイン

WordPressでブログを運営していると過去記事へのリンク掲載することはよくありますよね。過去記事の続編であったり、記事内容が一部重複する場合は、まずは過去の記事を参照してみてくださいと過去記事へのリンクを掲載します。

本日はリンクを掲載する時に見た目をかっこよくできるプラグインを紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

WordPressプラグイン「Pz-HatenaBlogCard」を使えば過去記事の紹介をかっこよくできます


ブログを運営していく中で、過去に書いた記事にリンクを貼って紹介することはありますよね。以前の記事に関連する内容であれば、参考程度に過去記事へのリンクを掲載します。また、内部の記事以外にも外部サイト、ブログ等の記事へのリンクを掲載することもあります。

少し前までは、テキストリンクを掲載するだけでしたが、はてなブログで標準的な機能として使えるブログカードが過去記事、ほか外部のリンクなど掲載する際に使えたら良いなーと思い調べてみたところ、WordPressでブログカードを表示するためのプラグインがあるんですね。

さっそく使ってみました。

まずは、プラグイン検索で「Pz-HatenaBlogCard」を検索してWordPerssにインストールします。


インストールが完了すると、設定→Pzブログカードが追加されているので、設定画面を開いてみてください。
206-1.png

ブログカードの表示に使うショートコードを自分で設定することができます。ブログカードを表示したい場合の使い方は非常に簡単で記事内のブログカードで過去記事などを紹介したい場合は

[BLOGCARD url="過去記事URL"]

といった記述をするだけでその部分にはブログカードが表示されます。この例にあるBLOGCARDの部分は自分で設定することができます。記述を短くするためにbcといった短いものにするのも良いかもしれません。

206-2.png

設定画面では、見た目についても細かく設定することが出来るようになっています。ブログカードデザインのフォーマットがいくつか用意されており、選択するだけで見た目を変更することができます。

206-3.png

あとは、選択したフォーマットでサムネイル画像の位置を右、左のどちらに表示するか、余白、タイトル、抜粋文、URL、フォントサイズ、枠線、色など見た目についても細かく調整することができるようになっています。

ブログカードで記事を紹介した場合
206-4.png

過去記事へのリンクを掲載することで、訪れたユーザーの回遊性を上げてPVアップにもつながります。ただ、テキストリンクを掲載するだけでは、なかなかリンク先に飛んでもらえません。ある程度は目立たせる必要があります。

私の場合は、実績にテキストリンクで掲載していた過去記事のリンクをブログカードでの表示にすべて置き換える作業をしてみたところ、少しだけ直帰率が下がった気がします。PVも少しアップしました。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebook 売れ筋ランキング

Powered by amaprop.net

WordPressの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア