SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ

メカニカルキーボードデビューに1万円以下で買えるオウルテック「OWL-KB109BM(B)II」を購入

タグ : キーボード
スマホ向け広告「ADPRESSO(アドプレッソ)」クリック報酬と成果報酬が自動配信されておすすめです

パソコンのキーボードには、こだわりがありますか?私の場合は、あまりキーボードにもこだわりもなく今ままで使ってきましたが、この度、メカニカルキーボードデビューをしてみましたので、感想など書いてみます。長時間パソコンに向かっている人であれば、日々の使うキーボードを変えてみると快適な作業環境を手に入れることができるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

初めてのメカニカルキーボードを購入してみた


201-4.png

メカニカルキーボードとは?


メカニカルキーボードとは、一般的なキーボードとは違い、キーの内側に特殊なスイッチやバネが仕込まれているキーボードのことです。特徴としては、キーを押すときの音である「打鍵音」が「カチッ、カチッ」というスイッチを押している感じで好きな人にとっては心地よくキー入力をすることができます。

また、価格についても一般的なキーボードに比べて高めになっており、1万円以上するものが多いようです。

軸の種類について


201-1.png

メカニカルキーボードといっても、キーの軸の種類がいろいろあり、軸の種類によっても性能が変わってきます。軸とはキーの中に入っている機械部品(スイッチ)のことで、その色が何色かあります。上の画像は青色なので青軸となります。

赤軸・青軸・茶軸の3色が主流で、他にも黒軸・緑軸・灰軸・白軸といったマニアックな軸もありますが、ここでは代表的な3つについて、それぞれの軸についてまとめてみると

青軸
打鍵音がカチッ、カチッと大きい、スイッチ感とキーを押す軽快感がある。

赤軸
青軸よりちょっと重めで、静かな打鍵音、しっとりとしたスイッチ感があり、初心者向け

茶軸
青軸と赤軸の中間的な存在でそれぞれの良いところを取りのバランス重視

YouTube等で検索すると各キーボードを紹介している動画が見つかりますので、どんな音がするのか気になる人は探してみてください。それぞれの、軸、製品による音の違いを比較してみると良いかもしれません。

今回購入してみたのは青軸「オウルテックのOWL-KB109BM(B)II」


オウルテック Cherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用 USB/PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 109フルキー日本語キーボード ブラック OWL-KB109BM(B)II
オウルテック Cherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用 USB/PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 109フルキー日本語キーボード ブラック OWL-KB109BM(B)II

オウルテックのOWL-KB109BM(B)IIを購入してみました。初めてのメカニカルキーボードということもあって、色々と悩みましたが、まずは価格重視でどんなものか試してみたかったという部分が強い感じです。そんな安物はメカニカルじゃないという人もいるかもしれませんが、メカニカル初心者にとってはいきなりキーボードに1万以上出すのはちょっと・・・・という人にとっても、手を出しやすい価格帯なのではないでしょうか。

オウルテック Cherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用 USB/PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 109フルキー日本語キーボード ブラック OWL-KB109BM(B)II
パームレストも標準で付属しています。

オウルテック Cherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用 USB/PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 109フルキー日本語キーボード ブラック OWL-KB109BM(B)II
有線タイプですが、ケーブルも長めの1.8mでPS/2変換コネクタ、交換用キートップ、キー引き抜き工具も付属しています。

使ってみた感想について


オウルテック Cherry社製「青軸」メカニカルキースイッチ採用 USB/PS2両対応 Nキーロールオーバー対応 109フルキー日本語キーボード ブラック OWL-KB109BM(B)II
購入してからしばらく使っていますが良いですね。パソコン作業が多い人は、キーボードにこだわりを持っている人も多いかもしれませんが、私の場合は、今までこだわり無くキーボードはパソコンに付属の物をそのまま使っていたというのが正直なところですが、その考え方が変わりました。

まず、手にとって最初の感想はキーボード本体がずっしりと重たいということでした。安物のキーボードなどは軽量で持ち運びするには便利ですが、ちょっとした瞬間にキーボードが動いてずれてしまうことがありますが、ずっしりとした安定感があります。

プログラミング、文章入力など文字を入力することが多い場合は個人差がありますが、入力ミスの軽減、入力文字数の増加などカチカチというリズムにのって気持よくタイピングが出来るようになった気がします。また、疲れにくいといったメリットもあるかもしれません。気分的な部分が多いかもしれませんが、パソコン作業する際には重要なポイントになる気がします。

個人的には一番のメリットはキー入力するのが楽しくなったことかもしれません。キーを押すごとにカチカチと押している感が伝わってくるのがなんとも心地よく感じます。打ち心地って大事ですね。

会社などまわりに人がいる場合には、キーボードを叩く音がうるさく、不快に感じる人もいるかもしれないので場所を選びます。初心者は茶軸がおすすめという情報もありましたが、今回は自宅用での購入なのでカチカチうるさい音についても気にする必要がなかったので青軸と呼ばれる比較的音が大きく、キーも軽いタイプを購入してみました。




次に購入するキーボードもメカニカルキーボードになることは間違いありません。もう少しグレードが上のメーカーも検討してみようかなという感じです。今回購入したものは有線接続のキーボードでしたが、1台で有線・無線の切り替えができるタイプのものがほしくなっています。うーん、テンキーなしのも良いな-

FILCO Majestouch Convertible2 青軸(Cherry MXスイッチ) 日本語108メカニカルキーボード Bluetooth3.0&USB 無線/有線両対応 カナ刻印あり BTマルチペアリング4台対応 ブラック FKBC108MC/JB2
FILCO Majestouch Convertible2 青軸(Cherry MXスイッチ) 日本語108メカニカルキーボード Bluetooth3.0&USB 無線/有線両対応 カナ刻印あり BTマルチペアリング4台対応 ブラック FKBC108MC/JB2

ただ、購入する際には家電量販店等で実際に触ってみてからのほうが良いかと思います。こればっかりは、タッチ感、音の感じかたなど好みに個人差があるので、購入の前にはさわってみることをおすすめします。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebook 売れ筋ランキング

Powered by amaprop.net

ブログ運営の関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア