SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ

WordPressでレビュー記事書くのにおすすめプラグイン「WP Product Review」

タグ :
スマホ向け広告「ADPRESSO(アドプレッソ)」クリック報酬と成果報酬が自動配信されておすすめです

ブログを運営していくなかで、レビュー記事を書いている人も多いのではないでしょうか。商品のレビュー、映画の感想、書評といったネタは定番の内容です。そんな、レビュー記事を書く際にレーティングの表示があれば、よりわかりやすい記事に仕上げることができます。

でも、レーティングなどのレビューの記述をするのは非常に手間ですよね、ある程度統一されたフォーマットにする必要もあります。そんな時にぴったりのプラグインがあるので紹介します。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

WordPressでレビュー記事書くならWP Product Reviewがおすすめ


200-1.png

WordPressでレビュー記事を書く際のおすすめプラグインを紹介します。「WP Product Review」というプラグインを導入することでレーティング表示が可能な記事を書くことができるようになります。

こんな感じのレーティングを記事上(文頭)、記事下(文末)に表示することが可能になります。見た目も綺麗でなかなか良い感じですね。
200-2.png

WordPressにプラグインを新規追加する


200-3.png

WordPressのプラグイン新規追加から「WP Product Review」で検索してインストールします。

記事ごと固定ページごとに表示、内容設定が可能


200-4.png

新規投稿画面、新規固定ページ画面の下側に「Product Review Extra Settings」というのが表示された状態になっています。そこを「Yes」を選択することでレーティング表示有りの投稿、固定ページを作成することができます。

設定できる内容について


200-5.png

Product Details(基本情報の設定)


Product Detailsにはレビューしたい商品の基本情報を記載します。

商品名
画像(URLまたはアップロード)
アフィリエイトボタン用の文字列
アフィリエイトリンク
価格


Product Options Setting(レーティング設定)


200-6.png

「Product Options Setting」で項目を決めて100点満点の点数を記載します。入力できる項目は5個までです。

Pro Features(良い点・メリットの設定)


200-7.png

「Pro Features」にはメリットや良い点を記載します。最大10個まで記述することができます。個数の設定は3~10個の間で設定可能です。

Cons Features(悪い点・デメリットの設定)


200-8.png

「Cons Features」にはデメリットや欠点を記載します。こりたも最大10個まで記述することができます。個数の設定は3~10個の間で設定可能です。


あとは記事を公開すればレビューが表示される、という仕組みです。レーティングを表示したい記事の時だけ設定すれば良いので非常に使い勝手が良さそうですね。また、レビューする内容に合わせてレーティングの項目も設定できるので色々なレビュー記事を書いている場合でも対応が可能です。

記事を公開すると下記のようなレーティングが表示されます。
200-9.png



上記は、インストールして全体の設定がデフォルトの状態で使った場合ですが、インストール後にメニューに「WP Product Review」から全体共通の設定を変更することが可能です。

文頭、文末のどちらに表示するのか、メリット、デメリットの設定可能件数(3~10個)、フォント色、レーティングの色、ボタンの色など見た目についてもカスタマイズすることができるようになっています。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebook 売れ筋ランキング

Powered by amaprop.net

WordPressの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア