SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ

クラウドファンディングならぬクラウドツイーティングサービス「GHORUS」

最終更新日:2017/09/16
twitterでの拡散サービスclafu(クラフ)を試してみた

最近はクラウドファンディングが流行っていますね。
不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である

そんなクラウドファウンディングならぬ、クラウドツイーティングサービスはご存知ですか?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

クラウドツイーティングサービス「GHORUS」


191-1.png

GHORUS

クラウドツイーティングとは?


クラウドツイーティングは、特定の情報を多数の人達に向けて発信したい人が、不特定多数の人から賛同を募り、SNS上で拡散させることを言います。不特定多数の人がSNSに同じ内容を同時刻に投稿することによって更なる拡散が期待できます。群衆(crowd)とSNSアカウントで発信する(tweeting)を組み合わせた造語です。

以前紹介した記事

172-1.png
twitterでの拡散サービスclafu(クラフ)を試してみた

こちらと似たようなサービスですね。

TwitterとFacebookに対応


191-2.png
Clafuはtwitterのみの対応でしたが、GHORUSはFacebook、twitterに対応しています。

利用者は自分で応援してほしいプロジェクトを登録したり、他の人が登録したプロジェクトを応援する仕組みです。

プロジェクトを探すからは登録されているプロジェクトの一覧が表示されています。
191-3.png
達成人数やリーチ数、残り期間など確認していきます。


気になるプロジェクトは詳細画面に移動すると
191-4.png

プロジェクトの細かい内容を確認することが出来ます。また、「tweetで応援する」「Facebookで応援する」ボタンがあるのでプロジェクトに賛同して自分のアカウントからツイートしても良いという場合は「応援する」ボタンをクリックします。


予め設定した期限までに目標人数に達成していれば、賛同してくれた人たちのアカウントからツイートされるという仕組みです。

目標人数に達成しなかった場合は、ツイートされずに終了となります。
191-5.png


目標人数に達すると
191-6.png
ソーシャルツイーティングされます。

Clafuの場合は、目標人数に達成しなくても、応援してくれた人数分のアカウントでツイートはされる仕組みでしたが、目標人数に達しないとツイートされないというのは、ちょっと心をくすぐられるような仕組みですね。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebook 売れ筋ランキング

Powered by amaprop.net

便利なWebサービスの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア