SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ

話題のChromebook[Acer C720]を購入してみた

タグ : Chromebook
最終更新日:2017/09/16
話題のChromebook[Acer C720]を購入してみた。

Chromebookってご存知でしょうか?
パソコンといえば、WindowsやMacなどを思い浮かべる人が多いかと思いますが、Googleが作ったOS ChromeOSが使われているノートパソコンがChromebookと呼ばれています。

基本的にデータなどはクラウドに置き、Webブラウザー上で動作するアプリケーション使う仕組みになっています。


スポンサードリンク
スポンサードリンク

Chromebook Acer C720を購入してみた


173-1.png

日本国内でのChromebookの販売は、2014年7月からの企業・教育機関向けには展開されていたのですが、2014年11月にようやく個人向けにも販売が開始されました。

以前から存在は知っていて気にはなっていたのですが、ガジェット好きな人であれば個人輸入して入手している人もいたようです。

購入を検討した時点でHP、Dell、Acerから製品展開されていましたが、スペック、価格、見た目の好みからAcerのC720を購入してみました。

どこで購入しようかと探していたところ
楽天スーパーセールにて、「Chromebook acer C720 先着50名 半額(約16000円)」を見つけたのですが、 当然買えるわけもなく・・・・

楽天にて「chromebook×Acer|ポイント10倍キャンペーン」が2014年12月25日までやってるのを見つけたのでキャンペーン経由で楽天にて購入しました。

この記事を書いている現時点で、キャンペーン対象ショップ見たら全部売り切れになってたので早めに購入で出来てよかったなという感じです。

今後の日本国内での広がりは気になるところ


アメリカではすでにノートパソコンのシェアの20%はChromebookのようで、今後の動向も気になり購入してみました。

まだまだ日本国内に普及していくのは、早いかもしれませんがGoogleが日本国内への展開を遅らせていた理由にも日本ではwindowsのシェアが90%以上あるのも理由の1つなのかもしれません。


少しだけ触ってみた感想としては
・起動はあっという間で超速い!
これ一番びっくりしました。ちょっとネットで探しものしたいという時にスマホが一番の選択肢でしたが、Chromebookもスマホに比べて見やすいので選択肢に入ってきています。

・キーボード配列が特殊
これも他の人のレビューなどを見てわかっていたことですが、右側のキー配列が窮屈な印象ですね。しばらく使っていれば慣れるかもしれません。

173-3.png

どうしても、右側が窮屈な感じがしますね。どうしてこんなに詰め込んだ・・・・

173-2.png

・モニターがしょぼい
他の人のレビューでモニターが・・・と書かれているのを多くみたので期待はしていなかったのですが、たしかにあまり綺麗ではありませんが、個人的にはこれでも十分かなと思います。
解像度についてはカタログやスペック比較しているサイトを見ると「1366x768」となっていますが、「1536x864」を選択することも出来るようです。

・使えるアプリは、独自に探していく必要あり(それが楽しい人には良いかも)
Chrome内でWindowsパソコンで今までやっていた作業をすべて置き換えるのは難しいかもしれません。代替となるアプリをChromeウェブストア内で探していく必要があります。

また、アプリに存在しないものについては、Chromeリモートデスクトップなどを使ってWindowsパソコンを遠隔操作するなどの方法になると思います。


メインパソコンという使い方は難しいですが、人によっては十分にサブノートという位置づけにはなるのではと思います。

実際に使ってみた感想や使い勝手などは後日、書いていきたいと思います。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebook 売れ筋ランキング

Powered by amaprop.net

Chromebookの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア