SNS
facebookアイコン twitterアイコン Google+アイコン rssアイコン
にほんブログ村 IT技術ブログへ

twitterでの拡散サービスclafu(クラフ)を試してみた

twitterでの拡散サービスclafu(クラフ)を試してみた

ブログを運営していく中で一番の流入元になるのはGoogle、Yahooなどの検索エンジンからの流入という方が多いのではないでしょうか。運営しているブログ「ネットショップ運営の気になる備忘録」も流入元の8割以上が検索エンジン経由になっています。

SNSからの流入も増やしていきたいなと思いブログ用のtwitter、Facebook、Google+なども作ってはいますが、うまく活用できているとは言えない状態です。

そこで最近開始したサービスを実験的に試してみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでの拡散サービス「Clafu(クラフ)」を試してみた


172-1.png

Clafu - これでもアクセスが増えなかったらもう諦めよう!
不特定多数の人のSNSアカウントの配信権を集めるためのサービスです。


20人に一人がブログを書いていると言われている日本で、多くの方がブログのアクセスアップで悩んでると思います。地道なSEO対策やSNSフォロワー集めは大変ですよね。
SNSを使って助け合えばいい

簡単に言えば、自分のSNSフォロワーが今10人しかいないとしても、フォロワー1,000人の応援者を100人集めて、設定した日時にその100人のSNSアカウントからあなたの告知(ブログの更新など・・)が自動的に配信されれば、10万人に対してあなたが告知を出したことになります。
10人のフォロワーで10万人に告知を出す?

これをを実現するためのサービスこそがClafuです。これからは10万ものフォロワーを集めるかわりに共感してくれる100人の応援者をClafuで集めよう。
応援者が自然に集まるハートの仕組み

フォロワー集めの代わりに応援者集めをしないといけないようなサービスでは何も解決しない!

Clafuでは、告知を作成するためにはハートが必要です。10ハート使えば10人まで参加できる告知を作成することができます。100ハートを使えば100人が参加できる告知を作成することができます。 そして、このハートは他人の告知に参加することで貯まります。

Clafuはこのように告知を出したい人同士が応援し合う仕組みになっています。
一斉に自動配信します

Clafuはあなたが設定した告知の日時になると、その告知に参加している全応援者のSNSアカウントを使ってあなたの告知を再配信(リツイート)します。この一斉配信による今までにない効果を是非体感ください。


10月末にサービス開始したばかりみたいなのですが、サービス内容を簡単に言うと、twitterで告知したい内容をお互いに告知しましょう。といったもの

clafuに登録したユーザーは、告知したい内容を登録して応援してくれる人を募集します。

また、その他の特徴としては

・告知作成するのに募集人数に応じたハートを消費する
・ハートは他の人の告知を応援することでもらえる

といった感じで他の人の告知を応援すれば自分の告知に使えるハートをもらうことが可能です。

また当然ですが登録するにはtwitterのアカウントが必要です。

他の人の告知を応援してハートを集めよう


カテゴリごとに他の人の告知を探すことが可能です。
172-3.png

背景がグレーな告知は、すでに告知終了済の内容になるので、応援募集中の背景白の告知から応援したい告知を探します。
172-4.png

応援したい告知をクリックして詳細ページに移動します。
告知の説明や告知先のURLなどで内容をよく確認した上で「応援する」ボタンをクリックします。

172-2.png
実際にいくつかの告知を応援してみましたので、ハートも少し増えた状態です。

集めたハートを使って自分の告知をしてみる


現在は、登録時のキャンペーンでハート50個の状態からスタートです。このハートは自分の告知をする際に消費していきます。ハートを集める方法は先ほど紹介した他の人の告知を応援することでハートをもらうことが可能です。

実際に、ブログの告知を作成してみました。
172-5.png

まずは、告知したいコンテンツのURLから入力します。
172-6.png

告知のタイトルと内容の説明を入力します。応援してもらえるかどうかは、ここの内容が重要そうですね。

172-7.png


告知文章でtwitterで拡散してもらう内容を入力します。twitterからの告知になるので文字数制限があります。ここの内容次第でクリックしてもらえるか変わってきますね。
172-8.png

最後のカテゴリ、ハート(募集人数)、告知日時を設定すれば、新しい告知の作成は完了です。
172-9.png

告知人数と告知日時は修正出来ないので慎重に決める必要があります。

登録時に失敗してしまったのですが、応援者が集まるまである程度日数を設けた方が良かったなと・・・・
募集期間がおよそ2日しかない設定にしてしまった・・・
うーん、誰も応援してくれなかったらどうなるんだろうか気になります。

ハートは消費されるのか、、、応募人数0のままだと恥ずかしいじゃないか、、、、
また、告知の結果について追記してみたいと思います。

追記:応募の結果・気になるアクセス数はどうだったか


172-10.png

設定をミスってしまい、募集期間が2日間しかないにも関わらず応援していただいた方が10名も集まりました。応援して頂いた方々ありがとうございました!

消費されたハートについては
172-11.png
募集人数を15人としていたのですが、集まった人数は10人でした。
実際に消費されたハートの数は54個から39個になり、告知作成の時に指定した人数が消費されるようです。
ハート5個は勿体無いことをしてしまいました。もう少し、期間を余裕を持って設定しておけば、15人応援を集めることが出来たかもしれません。

そして一番気になるアクセス数についてですが、10名の方(フォロワー数合計:14726人)に対して拡散されることもあり少し期待していました。





結果:アクセス数全くかわらず・・・・残念な結果に・・・

Googleアナリティクスでのアクセス解析ではその日のtwitterからの流入はわずか1でした。
(基本的にtwitterからの流入は0です。数日に1回 twitterから流入があるかないか)

あくまで、私の場合の結果ですので、twitterに流したツイート内容が悪かったのかもしれません。また、個別の記事などの告知に利用してみようとは思います。

claju(クラフ)を利用して思うところ


今回は、残念ながらアクセス数の増加は出来ませんでしたが、サービス内容自体は面白いと思いますので今後が気になるサービスです。

ただし、気になる点としていくつか挙げると

・不平等感があるかも
twitterのアカウントさえあれば、利用出来るので極端にフォロワー数の少ないアカウントを利用してる場合も参加出来てしまいます。そのため、捨てアカウントを使って利用することも可能です。そのうち、スパム用のアカウントだらけになってしまわないかと危惧するところです。

【実際にフォロワー数の少ないアカウントで試してはいませんが・・・】
フォロワー数が少ないアカウントで応援参加しても、フォロワー数1万人の人が応援参加してもハート1つというのは何かしら差別化した方が良い気もしますね。

あとは検索機能や一覧表示などですかね。まだまだ開始されたばかりのサービスなので参加人数自体が少ないのかもしれませんが、参加人数が増えてきた場合は応援したい告知を探しやすい検索や一覧表示などあったほうが個人的には使いやすいかなと思います。


ブログの記事外注に使える記事作成代行についてまとめてみました



Chromebook 売れ筋ランキング

Powered by amaprop.net

便利なWebサービスの関連記事






気になる備忘録「最新5記事」

お時間あれば、最新記事も読んでみてください。



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事

(現在の記事数: )
全記事一覧
プロフィール

peacepopo

Author:peacepopo
気になったこと書くよ



アフィリエイト、ブログ運営に記事の外注サービスを活用
PickUP

スポンサードリンク


SNSシェア